レンタカーを使わない旅【6月帯広】~帯広スイーツと真鍋庭園、帯広百年記念館

レンタカーを使わない旅  №5

帯広駅周辺観光から釧路へ

レンタカーを使わない旅、これがこのシリーズの唯一のルールです。

理由は夫婦2人でビール片手に車窓から風景を眺めるというのがコンセプトだから。

趣味での旅をブログに上げることで記録として残そう、という僕らの備忘録です。

今回は2024年6月の北海道、帯広と釧路の旅。

梅雨が無いと言われる北海道。爽やかな季節の北の大地の旅になるんでしょか。

まずは帯広編をどうぞ。

今回の行程

【今回の行程】

2024年6月14日(金)から17日(月)

大分ー帯広・釧路3泊4日

宿泊先はホテル日航ノースランド帯広

JALじゃらんパック利用 夫婦2人で210,800円

移動はレンタカーを除く交通機関

【観光先】

〇初日   帯広スイーツ巡りとOne Harmony会員限定ディナーコース

〇2日目 真鍋庭園と緑ヶ丘公園から特急おおぞらで釧路へ

〇3日目 定期観光バスピリカ号で摩周湖・阿寒湖周遊

〇4日目 帯広市内南部街歩き

いざ出発!

快晴の大分空港

梅雨真っただ中、のはずの6月14日金曜日、大分空港は快晴です。

展望デッキからの眺めはこのとおり。

時間があったのでちょっとパソコン作業してました。

僕ら以外には他に誰もいません。地方空港の平日の早朝ならではの贅沢ですね。

僕らが乗るAIR DOです。いよいよ出発。

十勝は曇り・・・残念

帯広に到着します。

残念ながら陽射しはありません。曇りです。

梅雨のない北海道の晴天を期待していたのですが、大分は快晴、十勝は曇天でした。

ルームツアー

まずはホテルへチェックイン

大分発8:35のSNAで羽田乗り継ぎ、帯広空港には13:25到着。

空港連絡バスで帯広駅前のホテル日航ノースランド帯広に到着しました。14:20です。

ちょっと古めのホテルですが、格式ある帯広を代表するホテルです。

まずはホテルへチェックイン。

ホテルの詳細はこちらを見てね

風呂にトイレかトイレに風呂か?

ルームツアーをします。

ベッド周りはクラシカルなシティホテルです。

デスク周りもしっかりしています。

部屋の隅には水回りを備えた化粧台があります。

ちょっと高級感。いい感じです。

バスルームの扉を開けると・・・

なんと『便器?』

バスタブの20㎝先にトイレのアレが鎮座していました。

シティホテルではあまり見ない光景ですよね。

 気を取り直して部屋から外を眺めます。

天気が良ければこんな景色が見られるそうです。

ホテルからの風景

実際の景色はこちら。

部屋は7階だったのでちょっと角度が違います。

曇っているから遠くは見えませんね。

帯広駅は隣りなので良く解ります。

帯広スイーツ巡り

初日は帯広スイーツ巡りです。

十勝地方は酪農と小麦栽培が盛んです。砂糖の原料となるてんさいも大量に栽培されています。

帯広ではこれらを使ったスイーツの名店がひしめき合っています。

それも徒歩数分の間に有名店が集積しているんですよ。

僕らはホテルを出、六花亭帯広本店、柳月大通本店、そしてクランベリー本店に行ってきました。

六花亭帯広本店

六花亭帯広本店

まずは本丸から。超有名な六花亭に行きます。

ホテルから徒歩10分。六花亭帯広本店に到着しました。

六花亭は帯広に本社があります。

本店は帯広と札幌に2つあるんですね。

2階のカフェからの眺めはこんな感じ。

カフェの席もオシャレ。

沢山の人が一気に出て行った後だったのでガラガラですね。

有名なのはマルセイバターサンド

これ、美味しいよね。

当社専用の小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームをサンドした、ロングセラー商品です。菓名の由来は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因み、パッケージもそのラベルを模しています。

1階でお買い物ができます。

今回のお目当てはこれ。

本店にしか売っていないサクサクパイ。

賞味期限は3時間という超レアものです。

これ、ホントにサクサクシュワって感じで美味しかったです。

柳月大通本店

続いて柳月大通本店

三方六で有名ですよね。

以下、柳月の公式サイトから引っ張ってきました。

北海道開拓時代、開墾のための伐採が各地で行われて、まっすぐな木は建築のために、その他は薪に割り、厳しい冬の燃料としました。

木口のサイズ三方が、それぞれ六寸(約18センチ)であったため、「三方六」と呼ばれ、三方六の薪があかあかと燃える裸火の炉の灯を囲んで団らんをし、疲れをいやしたのです。
今に聞かれる「三方六」とは薪の割り方の基準であったのです。

それから、百十数年の今日、開拓時代の思い出深い薪の割り方から、白樺の木肌をホワイトチョコとミルクチョコレートで表現した薪の形のお菓子「三方六」が生まれました。

昭和63年第27回世界菓子コンクール「モンドセレクション」で、最高金賞を受賞するなど、お菓子の町・帯広の銘菓は、北海道の銘菓から世界の銘菓としてヨーロッパの檜舞台でも絶賛をあびたのです。

ここでは小分けにしたお菓子を沢山売っていました。

ちょっと写真撮りづらい雰囲気だったので店内の写真はナシです。

小分けした袋菓子を沢山買いました。

クランベリー

クランベリー

僕は知りませんでしたがスイートポテトが有名なお店です。

日本全国で収穫されたさつまいもは、その収穫地域と時期により、味にも風味にも個性があります。
クランベリーのスイートポテトは、そんな素材の良さをそのままに、過剰な手を加えず、さつまいもの風味を生かして丹念に仕上げています。

美味しそうだったんですがこの後すぐディナーを予約しているんでチョコレートを買ってお終いにしました。

One Harmony会員限定ディナーコース

One Harmony会員入会方法は簡単

帯広市内スイーツ巡りを終え、ホテル日航ノースランド帯広に戻りました。

ちょっと休憩してから夕食ですが、今日は事前にホテルレストランを予約しました。

上の公式サイトからOne Harmony会員の案内があります。

これ、なんだろうと思い、特典を見るに飛んでみると会員限定ディナーコースってのがありました。

これはホテル内レストランJのディナーコースです。

One Harmony会員限定ディナーコースのメニューはこちら。

お一人様3,500円(税サ込)。安いでしょ。

早速会員登録してディナーコースを予約してたんです。

会員には下の入会申込フォームでなれますよ。

系列ホテルではアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、宿泊・朝食割引、誕生日特典などいろんなお得なサービスを受けることができます。

One Harmony会員とは

One Harmony会員限定のディナーコースは、ホテル日航ノースランド帯広のレストランJで提供されています。One Harmonyは、オークラホテルズ リゾーツ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティで利用できる入会金・年会費無料の会員プログラムです。特典の適用は、オークラ ニッコー ホテルズ 予約センター、公式サイト、各ホテルへ直接予約した場合に限られます。

年会費無料の会員制で入会は簡単。

入会申込フォームにあなたの情報を入力するだけです。

会員限定ディナーコースのメニュー

One Harmony会員限定ディナーコースのメニューがこちら。

前菜は繊細

前菜はクラゲの冷菜とスモークサーモン。

なかなか繊細な美しさ。

まずは生ビールで。

ワインは半額

会員割引というのがあって、ボトルワインが半額の2,500円でした。

まあ、イオンあたりで買えば980円かなぁ・・・といった感じもしなくはないけど。

メルシャンワインでした。

ラベルにちゃんとOne Harmonyって入っていますよね。

これが5千円の価値なんですね。きっと。

ボトルが増えて来た。。。

宴もたけなわとなってきました。

テーブルの上にはいつの間にか他のボトルも並んでいます。

ボトルが増えて来た。。。

朝食、そして出発

とかちモーニングブッフェ

2日目は路線バスと徒歩で市内南部観光、そして夕方からは特急おおぞらで釧路に行きます。結構濃いメニューの一日です。

まずはしっかりと朝ごはんから。

とかちモーニングブッフェです。2,200円。

僕のセンスのないチョイスで恐縮ですが・・・

「イクラと生魚のぶつ切りにパンと大福・・・」

正直な感想:見た目豪華だけど味は普通 見た目が良いだけにちょっと残念。

ホテルのロビーに黒塗のピアノ。

老舗ホテルっぽいですね。

フロントは比較的簡素な感じでした。

「真鍋庭園」バスパックで千円

真鍋庭園

帯広市はガーデン巡りも人気です。

帯広市も十勝花めぐり共通券に力を入れていますね。

今日は一日いろんなことをするのでガーデン巡りをするまでの余裕はありません。でも一つくらい行きたいので帯広駅から一番近い真鍋庭園に行くことにしました。

真鍋庭園には十勝バスの日帰り路線バスパックでお得に行くことができます。

例えばこんなバスパックがあります。

ちなみに真鍋庭園の入園料は1,000円です。バス乗車券付きで1,080円なら安いよね。

とりあえずバスターミナルに「真鍋庭園」バスパックを買ってバスに乗ってみました。

☞日帰り路線バスパックはこちらから

天気が良ければレンタサイクルという選択肢もあるよ。

バス停を降りて5分ほど歩きますが、雰囲気がいいんですよ。

こんな道です。いかにも北海道って感じしますよね。

真鍋庭園は行ってみる価値あり

一番乗りで目を奪われる

真鍋庭園はYouTubeで見る限りは「大したことなさそう」って思っていましたが、行ってみて良かったです。

写真では雰囲気が伝わり切れないかもしれませんが、8時30分の開園と同時に入場しました。

駐車場で開園待ちです。車はまだ来ていません。

僕らともう一組のカップルだけです。

中に入って目を奪われたのがこの風景。

凄くないですか?

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」のロケセットをここに移築したそうです。

右の小窓から見た中はこんな雰囲気。僕はドラマを見てないんで知りませんが。

でも、使われた曲はスピッツの「優しいあの子」だよね。

真鍋庭園の散策ルート

真鍋庭園は周囲をエゾマツやトドマツなどの針葉樹で囲み、中に日本庭園やヨーロッパガーデンが構築されています。

一周(1,800m)、所要時間45分ののキタキツネコース。

そして短縮版(1,200m)、所要時間30分のエゾリスコースがあります。

日本庭園

入場ゲートから入るとまずは日本庭園が見えてきます。

正直言ってこれは僕はなくてもいいと思ったな。

他に立派な日本庭園は沢山あるから。

水にいろんなごみが浮かぶので管理も大変だろうね。

外国人を意識して造っているのかな。

ヨーロッパガーデン

ヨーロッパガーデンに入ると赤い屋根の洋館が見えてきます。

なんと2階のテラスにエゾリスがいるのを見ることが出来ました。

残念ながら写真は撮れなかったけど結構大きくてビックリ。

小学校で飼っていたウサギくらいの大きさに見えました。

ベンチもなかなかオシャレです。

記念撮影するためのものなんだろうね。

リスの教会

庭園の中頃にはリスの教会があります。

これが可愛くって良かったですね。

鐘を鳴らしています。「カーン」という乾いた鐘の音です。

反対側から見るとてっぺんにリスがいるのが見えます。

モンスターガーデン

出口そばにちょっとした隠しガーデンがあります。

モンスターガーデンです。

お化けみたいですね。

追っかけてきそうです。

雪が積もったらどんな風景になるのかな。

庭園を出たらお土産物店もありましたよ。

広大な緑ヶ丘公園と帯広百年記念館

6月30日閉店のイトーヨーカ堂帯広店

真鍋庭園から徒歩10分、イトーヨーカ堂があります。

どうやら6月30日に閉店するらしいですね。

イトーヨーカ堂公式サイトより

【閉店のお知らせ】
6月30日(日)をもちまして
閉店させていただくことになりました。
地域の皆様の長年のご愛顧に
心から御礼申し上げます。
閉店まで従業員一同、心を込めて営業してまいります。
何卒よろしくお願いいたします。

北海道文化放送の報道です。

北海道からイトーヨーカ堂は消えてしまうんですね。

北海道内で6店舗を展開するセブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂が、北海道から撤退すると発表しました。

 セブン&アイ・ホールディングスは2023年3月、地方や採算の悪い33店舗を2026年2月末までに閉鎖する方針を示していました。

 すでに帯広店は6月、北見店は8月で閉店が発表されていましたが、あらたにアリオ札幌店や琴似店など残る札幌の4店舗も閉店する見通しになりました。

アリオ札幌店(札幌市東区)

 イトーヨーカ堂によりますと、札幌の4店舗についてはスーパーダイイチなどに事業を引き継ぐ方針です。

 イトーヨーカ堂は1975年の帯広店を皮切りに、ピークの2006年には道内で15店舗を展開していましたが、これで北海道から撤退することになります。

緑ヶ丘公園

イトーヨーカ堂から帯広駅方面に歩いていくと広い公園に出ました。

野生のリスが沢山いることで有名な緑ヶ丘公園です。

帯広市を代表する50.5ヘクタールの広大な敷地の総合公園です。東京ドーム11個分の大きさと言えばイメージが湧くでしょうか。

動物園美術館もあります。

今回は時間が無いのでスルーします。

長さ400メートルのベンチ。1,282人座れるんだって。

かつてはギネスで世界一認定されていたそうです。

広い公園内をひたすら歩きます。

帯広百年記念館

やっとたどり着きました。

帯広百年記念館。

帯広百年記念館

入館料は380円。まず入ると巨大なマンモスがお出迎えしてくれます。

博物館あるあるですね。今までもクマだったりトドだったりナウマンゾウも観たな。

中に入るとアイヌ文化の様々な展示が。

十勝トテッポ工房とインディアン

十勝トテッポ工房

結構歩いて疲れてしまいました。

なんか甘いものを食べて元気回復しなきゃ。

十勝トテッポ工房に行ってみました。

入口がオシャレです。

オーダーしたのはこれ。2つで3,300円。ちょっと高い?

でもこんな時じゃないと食べないからいいか。

実物は可愛いね。

中庭が見えるカウンターで頂きました。

インデアン

今日は夕方4時半に釧路に行きます。今午後3時。もう少し時間があるんで帯広名物インデアンのカレーを食べに行きます。

エキナカのエスタ帯広店

午後3時過ぎなのにとにかく混雑していて並んで待って入場。後ろにも5.6人並んでいます。

オーダーだけ済ませて席が空いたらカレーが出て来るというシステム。

並んでいる人がプレッシャーをかけてきます(当人はそんな意識ではないだろうけど)。

とにかく慌ただしくカレーをかき込んで出ました。

あ、写真撮らなかったと思い、食べかけのインデアンルーのチキンカレーをパチリ。

あんまり美味しそうな図柄じゃないね。

でも、正直言うと「そんなに美味しくなかった」という感想。

カレールーに対してご飯が多くってなんだかカレーをまぶした白米を喰ったという感じでした。

もう少しカレールーが滑らかですくいながら食べることができたらなと思いました。

「いや、不味くはなかったけどもういいかな」というくらいの感想です。

釧路に出発

今夜は釧路に泊まるので一旦ホテル日航ノースランド帯広に戻りました。

ちょっと休憩して今度はJRで釧路へ出発です。

帯広駅に戻り、特急おおぞら7号で釧路に向かいます。

帯広16時42分 → 釧路18時20分です。

続きは次回へ。

それではみなさん、また見てね👋👋👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA